福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > その他 > 異議申立により14級が認定され、約400万円で示談した事案

異議申立により14級が認定され、約400万円で示談した事案

異議申立により14級が認定され、約400万円で示談した事案

事故時診断:左脛骨骨幹部骨折
後遺障害:14級

依頼者は、バイクで直進中に、路外から進入してきた車両と衝突し、左脛骨骨幹部骨折等の傷害を負いました。
依頼者は、当初別の弁護士に委任しており、初回の後遺障害認定申請(被害者請求)、その後の異議申立ともに非該当であったことから、セカンドオピニオンとして、弊所にご相談を頂きました。
資料を拝見し、非該当通知に関する見解や、後遺障害等級及び損害額に関する見立て等をざっくばらんにお話しさせて頂き、弊所にお任せいただけることとなりました。
それまでの資料を精査したところ、既に作成された診断書等の情報だけでは不十分だと判断し、主治医に医療照会等を行いました。
そして、新たに作成された書面を証拠として、異議申立を行った結果、後遺障害等級14級9号が認定されました。

弁護士からのコメント

セカンドオピニオンとしてご相談いただいた際、資料を拝見させて頂いたところ、左脛骨の「痛み」の症状については、自賠責が判断すら出していないことが分かりました。そこで、異議申立に当たっては、「痛み」の症状に関する補足資料が必要であると判断し、主治医の先生に医療照会を行いました。
結果として、非該当から14級9号が認定され、最終的には、損害賠償額400万円で示談が成立しました。
今回は、セカンドオピニオンから弊所にご依頼頂く形になりましたが、まずはご相談だけでも結構です。ご不安なままの解決になってしまうことがないよう、お気軽にご相談ください。

ご相談者の声

弁護士・事務所の対応についてお聞かせ下さい。
ご相談者の声

  • やはり、一つ一つの申請等について時間がかかるものだなと思いました。それだけ詳細にやってもらったからだと思います。
    しかしながら、貴事務所様は「進捗状況」の連絡もいただきながらよくやっていただけたと思います。ありがとうございます。
    今後、不幸にも事故等に遭遇した時は、改めて貴事務所にお願いしたいと思いました。
    ありがとうございました。