福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > 体幹、脊柱、脊髄損傷 > 11級に認定され、初回提示額から約600万円増額した事案

11級に認定され、初回提示額から約600万円増額した事案

11級に認定され、初回提示額から約600万円増額した事案

事故時診断:胸椎圧迫骨折
後遺障害:11級

依頼者は、同乗していた車が、カーブを曲がり切れずに中央分離帯に衝突した事故により、胸椎圧迫骨折等の傷害を負いました。9ヶ月程治療を継続してもなお、症状が残存していた為、弊所にて後遺障害認定申請(被害者請求)を行い、併合11級と認定されました。
その後、併合11級を前提に相手保険会社へ損害賠償請求を行ったところ、保険会社の回答は約1000万円というものでした。
依頼者とお打合せの上、さらに交渉を重ねた結果、1700万円程で示談が成立しました。

弁護士からのコメント

弊所では、依頼者の方に対し、後遺障害や損害額についての見立てをお伝えした上で、被害者請求や損害賠償請求の手続きを進めております。
本件では、事前にお伝えしていた見立て通り、11級が認定されましたので、依頼者にも納得感をもって損害賠償のステップに進んでいただくことができました。
また、損害賠償額の交渉にあたっては、前以って依頼者に損害賠償請求書の案をご確認頂いております。相手方からの回答についても、都度ご報告・お打合せをさせて頂いた上で交渉を重ねて参りますので、安心して示談交渉をお任せいただければと思います。

ご相談者の声

弁護士・事務所の対応についてお聞かせ下さい。
ご相談者の声

  • 先方の保険会社より回答が遅いことを不安に思う私に対して、即確認の電話をいれてくださったり、ありがとうございました。
    当初の先方提示の金額よりも約600万の増額交渉もありがとうございました。
    また、身近な人で何かあれば、御社をご紹介させていただきます。
    結果に十分満足しております。