福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > 上肢、手指 > 加害当事者が任意保険を使わずに交渉が進展していなかったため、受任した事案

加害当事者が任意保険を使わずに交渉が進展していなかったため、受任した事案

加害当事者が任意保険を使わずに交渉が進展していなかったため、受任した事案

事故時診断:右肘打撲、左足関節打撲
後遺障害:非該当事案

本件は、直進進行していた二輪車と、対向車線の右折四輪車が衝突した事故です。
物損については、双方当事者ともに任意保険を使わない意向であったことから、当事者同士直接示談交渉を行っていたものの、進展のないまま時間が経過し、被害者はイライラを募らせていました。
お怪我については、加害者本人ではなく、加害者加入の保険会社が対応をしていたものの、被害者とは相性が悪く、被害者は保険会社の対応にストレスを感じていました。
そのため、怪我の治療も終了した時点で、弁護士が、本件事故全般の相談を受けました。

弁護士からのコメント

相手方損保担当者とのやり取りであれ、加害者との直接交渉であれ、事故に関する交渉や連絡ごとについて、負担に感じている被害者は少なくありません。
その点、弁護士は法律に基づく交渉のプロです。過失割合は譲りたくない、最終的に手にできる金額をできるだけ高くしてほしい、怪我の所為で仕事ができないつらさを伝えてほしい、などといった依頼者のご希望を伺い、できるだけご希望に沿った内容で、相手方との交渉を進めていきます。
事故の規模に関わらず、弁護士に委任していただければ、依頼者は自分の負担を減らし、相応な賠償金を手にしていただくことができます。