福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > 解決内容別 > 後遺障害等級を獲得した解決事案 > 40代女性(主婦)が後遺障害等級14級に認定され約340万円を得た事案

40代女性(主婦)が後遺障害等級14級に認定され約340万円を得た事案

40代女性(主婦)が後遺障害等級14級に認定され約340万円を得た事案

事故時診断:外傷后頚部・腰部筋々膜拘縮、頚部自律神経損傷
後遺障害:14級

40代女性が渋滞した道路を直進していたところ、後方から前方不注視の加害車両に追突されました。被害者が治療を継続していたところ、相手方保険会社より治療費の支払いの打ち切りの連絡があり、当事務所に相談されました。
被害者は、症状固定時において外傷后頚部・腰部筋々膜拘縮、頚部自律神経損傷等の症状が残存していると診断されました。当事務所で病院の資料を取り付けた上で、被害者請求を行い、後遺障害等級14級9号が認定されました。後遺障害等級の結果を踏まえ、相手方保険会社と示談交渉をし、最終的に自賠責保険金75万円を含む約340万円での解決となりました。

弁護士からのコメント

本件は走行中に後方から加害車両に追突され、バックドアのガラスが割れる等、被害車両後部の損傷も軽微ではありませんでした。そこで、被害者請求する際に被害車両だけでなく加害車両の損傷具合がわかる資料も一緒に提出しました。もちろん、車両の損傷が激しければ後遺障害等級が認定されるというわけではありませんが、実際にどれくらいの衝撃を被害者が事故時に受けたかを推察するための資料にはなると思います。
本件に限らず、少しでも被害者の方にとって良い解決になるように、必要最低限の資料のみではなく、色々な資料を精査して、手続をすすめています。
相談頂いた際の見立てどおりの解決ができ、被害者の方にも喜んで頂けました。