福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > 頸椎捻挫(ムチウチ)、腰椎捻挫 > 紛争処理センターを利用し、当初のゼロ回答を覆した事案

紛争処理センターを利用し、当初のゼロ回答を覆した事案

紛争処理センターを利用し、当初のゼロ回答を覆した事案

事故時診断:骨盤部捻挫
後遺障害:非該当事案

本件は、治療中に保険会社から一括対応を打ち切られた依頼者から委任を受けた事案です。
主治医と連絡を取り、依頼者の症状がある程度好転するまで治療を継続してもらい、自賠責保険に治療費と慰謝料を直接請求する対応をとりました。
自賠責保険が、任意保険会社が対応を打ち切った後の治療を相当と認めて保険金を支払ったにもかかわらず、任意保険会社は一括対応打ち切り後の治療期間を認めず、任意保険としての支払いを拒否しました(いわゆるゼロ回答)。任意交渉では埒が明かず、紛争処理センターを利用して解決を図りました。
最終的に、自賠責保険が認めた治療期間を基準として、示談が成立しました。

弁護士からのコメント

任意保険会社は、事故前にはすっかり治っていた昔の病気や、ほとんど自覚症状のない既往症、事故後に車の運転や運動をしていた事実等を取り上げて、事故後の傷病の症状が、事故によるものではないと否定してくることがあります。
弁護士は、医療機関の診療録や運動の記録などの事実関係資料を集めて分析し、具体的に反論します。それでも保険会社担当者が納得しない場合には、裁判所や紛争処理センターなどの第三者の公平な采配を求めて解決を図ります。
本件は、最終的に紛争処理センターを利用し、ようやく示談を成立させることができました。