福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > 頸椎捻挫(ムチウチ)、腰椎捻挫 > 当初提示額の約3倍で、交渉開始から示談成立まで2日で終了した事案

当初提示額の約3倍で、交渉開始から示談成立まで2日で終了した事案

当初提示額の約3倍で、交渉開始から示談成立まで2日で終了した事案

事故時診断:頚椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害:非該当事案

依頼者は、そろそろ治療が終了しそうだからと、これから相手方保険会社が提示するであろう賠償額について、妥当であるか否かを確認してほしいと相談にいらっしゃいました。
相手方損保に対して損害賠償請求を行い、交渉の結果、当初提示の約3倍の額で、示談が成立しました。

弁護士からのコメント

後遺障害が発生していない軽傷事故で、治療期間に保険会社との間にトラブルを生じていない事案の場合には、迅速な示談の成立が少なからず可能です。
本件事故においても、依頼者には速やかに、かつ、適切な賠償額を受け取っていただくことができました。