福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > 被害者の状況別 > 死亡、後遺障害認定1級~3級の解決事案 > 任意交渉で約8000万円(治療費除く)の損害を認定させた事案

任意交渉で約8000万円(治療費除く)の損害を認定させた事案

任意交渉で約8000万円(治療費除く)の損害を認定させた事案

事故時診断:脳挫傷、びまん性軸索損傷
後遺障害:1級

60代の無職の男性が青色信号の横断歩道を自転車で渡っていたところ、大型トラックにはねられ、脳挫傷と診断されました。当事務所が治療中から受任し、被害者請求をして後遺障害等級1級を獲得した上で相手保険会社と交渉をしました。結果として、治療費を除く損害として約8000万円を認めさせた上で解決しました。

逸失利益:約1100万円

将来介護費:約3600万円(月額約24万円)

後遺障害慰謝料:約3000万円

弁護士からのコメント

1 逸失利益について
被害者は、事故当時無職でしたが、将来の就労可能性を指摘して、高額ではありませんが逸失利益を相手保険会社に認めさせることができました。事故当時無職で収入がなくても、諦めることなく粘り強く交渉することが大事です。

2 将来介護費について(月額約24万円)
被害者は、症状固定後も医療機関等の施設で生活することを前提に月額約24万円を相手保険会社に認めさせるができました。

3 後遺障害慰謝料:約3000万円(本人分のみ)
通常、後遺障害1級の慰謝料相場(裁判基準)は約2800万円ですが、裁判することなく、それ以上の慰謝料額を相手保険会社に認めさせることができました。