福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > 被害者の状況別 > 後遺障害認定14級の解決事案 > 異議申立により後遺障害等級14級を認定された事案

異議申立により後遺障害等級14級を認定された事案

異議申立により後遺障害等級14級を認定された事案

事故時診断:右肩関節腱板損傷
後遺障害:14級

先行車両から落下した荷物に、被害者が同乗していた後続車がその荷物に乗り上げた事故です。
被害者は、トラック助手席で姿勢を崩してリラックスしていたために、膝が肩に当たり、右手をダッシュボードに突いたことから、右肩を傷めました。
事故態様、受傷機序ともに一般的とは言い難いことから、実況見分調書をはじめ、通院していた医療機関への医療照会により、受傷機序がありうるものであることを証明し、治療経過を明らかにして、異議申立てに臨み、後遺障害等級14級9号が認定されました。
後遺障害等級の結果を踏まえ、相手方保険会社と示談交渉をし、最終的に自賠責保険金75万円を含む約310万円での解決となりました。

弁護士からのコメント

受傷機序、受傷部位の特徴等から、被害者の事故時の状態が事故による受傷であること、現在残存している症状が受傷の結果であることの合理性を立証するためには、実際に被害者の傷を受傷時から診ている主治医の観察記録、意見が重要です。事案に即して、具体的に問題となる点を抽出し、医療照会をして、主治医からご回答いただくことで、後遺障害の立証のための、重要な資料となりえます。
本件は、異議申立に必要な医療照会を主治医の先生にお願いし、的確な回答を得ることができたことが、等級認定に直結しました。