福岡の弁護士による交通事故相談室
HOME > 交通事故の解決事例 > ケガの部位・症例別 > 頸椎捻挫(ムチウチ)、腰椎捻挫 > 受任から2週間以内に示談が成立した事案

受任から2週間以内に示談が成立した事案

受任から2週間以内に示談が成立した事案

事故時診断:頚椎捻挫
後遺障害:非該当事案

弁護士が、相手保険会社からの提示を受けた依頼者から委任を受けた事案です。
本件は、委任状を受領してから2週間弱で示談が成立しました。

弁護士からのコメント

事故によるお怪我が重篤でなく、後遺障害等の対象でない事案で、治療期間や休業損害等で相手方保険会社との間に争点が生じていなければ、弁護士からの提案をしてから示談成立まで、短期間で終了することが少なくありません。
本件事故についても、交渉は幾度かのやり取りを経て無理なく進展し、当初提示された額から倍増した賠償金を受け取っていただくことができました。